投資商品の購入と結婚などのライフステージ

大切な資産を少しでも殖やしたいという願いは、きっと誰もが抱いている願いであるに違いありません。しかし誰もがそう願ってはいても、資産運用などで願いを実際に叶えられる人は決して多くはありません。それどころか、むしろ資産運用に失敗して貴重な財産を減らしてしまう人も少なくはないのです。
ですから本気で資産運用を実行するに際しては、リターンばかりに目を向けるのではなくて、もっとリスクに対して細心の注意を払うことが大切です。特に何らかの投資商品を購入するに際しては、しっかりとしたリスク管理は絶対に欠かせません。
そんな資産運用ですが、それには自分や家族のライフステージの変化が大きく関わってくると考えるべきです。たとえば独身時代は、何をするにしても自己資金は乏しいものです。ですから購入できる投資商品の選択肢も自ずと限られます。それゆえ預金商品を主体にして、まずは自己資金を確実に殖やすことに重きを置くのも一案です。
そして結婚する時には、それまでの気楽な独り身ではなくなりますので、家族のことも十分に考慮した資産運用が必要となります。たとえば貯蓄性の高い保険商品なども有力な選択肢の一つとなります。その一方で、株式投資や外国為替証拠金取引のようなハイリスクな投資商品は、やるとしても本当に余剰資金だけにしておくべきです。
それから子供たちの成長と共に、資産運用も方法を適宜に変えてゆくべきです。たとえば不動産投資でキャピタルゲインを狙ってみるとか、あるいはマンションやアパートの大家さんとなってインカムゲインを狙うなどです。もしも不動産投資で不労所得が得られるなら、現役引退後のセカンドライフも安心です。
このようにライフステージの変化に応じて資産運用を行うことは、非常に重要な考え方です。投資とは行き当たりばったりで取り組むよりも、長期的に計画性のある取り組みのほうが良い結果が得られやすいとも言えます。