ファイアアイに対する投資仲介会社の選び方

ファイアアイはサイバーセキュリティの対策を行う米国の会社ですが、最近ではその株式投資が落ち込み、非常に苦戦を強いられている企業です。その為現段階では株式市場に於いてもあまり人気の銘柄とは言えず、多くの仲介会社も現在は投資に対して警戒をしている状態です。
しかし、ファイアアイは企業理念において他のサイバーセキュリティ会社とは異なる側面を持っています。それは、セキュリティ対策に於いて現状のハッカーの技術力を鑑み近い将来起こりうる攻撃に対する対策を迅速に立案し、リリースしているという点です。
多くのサイバーセキュリティ会社は現状起きている攻撃に対策を行うか、若しくは将来的な攻撃を想定し時間をかけてその対策を行うかのどちらかに分かれます。その理由は現在発生している攻撃であれば多くの企業が対策を急いでいる状態にあり、その回避のために多額の投資を行うのは避けられない事であることから直近で大きな利益を得られる可能性のあるホットな市場であり、また将来的な攻撃に対する対策は企業イメージを高める施策として評価されやすい施策であるためこれも比較的利益が得られる市場であると言われています。対してファイアアイが行う近い将来起こりうる攻撃に対する対策は、現状なかなか利益の出にくい市場でもあるのです。
しかし、ファイアアイが行う近い将来起こりうる攻撃に対する対策はすぐに起きる可能性が高いことから、近い将来大きな市場に変化する可能性が高いと考えられる市場であり、その観点を持っている投資会社は積極的で効果的な投資を行う用意をしています。
ファイアアイに投資をする際にはこのような観点を持っている投資会社を利用することで、よりタイムリーな投資を行うことができます。